家族葬において想定されるトラブル

ゆったりした雰囲気で故人を送り出すことができる家族葬ですが、メリットばかりではありません。家族葬を執り行ううえで注意すべきなのは、参列者へのアフターケアです。家族葬では参列者の範囲と人数をあらかじめ限定することになるため、生前に交友範囲の広かった故人の場合、呼ばれなかった参列者から、どうして呼んでくれなかったのか、今からでもいいから故人に挨拶させてほしい、などという問い合わせが寄せられる場合があります。

この段階ですべての問い合わせに応じて参列者を受け入れてしまっては、せっかく家族葬にした意味がなくなってしまいますし、だからといって挨拶をおろそかにしたのでは生前の故人とのつながりを家族が断ち切ってしまうことになります。先方の弔意を最大限に尊重するアプローチとしては入念な事前説明が有効で、長期闘病中や危篤などで死期がある程度予測できる場合には、つながりのある人たちに葬儀の規模と家族葬を採用する事情などをきちんと説明し、呼ばれなかった人たちにもきちんと納得してもらえるような説明を考えておく必要があります。

また、葬儀の主役になる人のほうもできれば生きているうちからエンディングノートなどに葬儀の希望についてくわしく書きとめるようにし、いざその時がおとずれても、遺される家族が混乱することのないように配慮することが大切です。生きているうちから自分の葬儀について考えることはなかなか勇気と覚悟のいることですが、家族とまわりの友人のことを最優先に考え、トラブルの原因をあらかじめ取りのぞいておくのもひとつのやさしさです。